忍者ブログ

夏間星丘

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

120101


幸福で汚れた部屋
詞曲/ 桜井アヲ

団地裏では故障した子猫の鳴き声。
こんな雨が降る日の部屋だったよね。
僕達が壊れたのは―――。

何にもない部屋だった。
だけど幸福が全部あった。
それだけの日常だったけれど、
それだけで十分だった。

例えば平凡な恋愛映画。
「作り物みたい。」って笑っていたっけ。
でもまさか、
僕達がその作り物だったなんてね。

雨に濡れた歩行器と死んだ三輪車の側で、
動けない捨て猫が親を呼んでいます。
誰でも待ち続ける事に寄りかかってしまえば楽なんですよ。
ほら、それは、聞こえの良い拒絶でしょう?

あの日、
あの部屋は、
見知らぬ幸福できれいになっていたと云う良くある話。
そして、
幸福で汚れたままの僕に聞きたかった事は、
只の錆びた言葉。

団地裏では停止した子猫の鳴き声。
僕が拾った小さな冷たさは、
胸の中で震えながら温かかった。

温かかったんだ―――。

さあ、雨も止みだした。
びしょ濡れの顔で歩きましょう。
水たまりの底を覗いてみれば、
新しい僕は青空だった。
さあ、何処に帰ろうか?
雲の切れ間から陽が叫び、
僕は「さよなら。」に会いたくて、
大好きだったあの部屋の鍵を捨てた。

あの日、
あの部屋は、
見知らぬ幸福できれいになっていたと云う良くある話。
そして、
その部屋は、
きっと何処かで又笑いかけます。
そう、こんな雨の後で。

団地裏では修理した子猫の鳴き声。
思い出に、バイバイ。

         ―――幸福で汚れた部屋。



青那種稍微甜膩又嘶吼的唱腔讓心臟熱了起來。
在心谷迴盪的歌聲......好喜歡。暖烘烘暖烘烘新的一年的開始。

明明只是個40歲太過分了吧

依舊無法遏止更加更加更加劇烈的情感
更加更加更加有如空氣與水分,不斷不斷不斷敲響心臟的那個世界
不知所措的理智只能

1
謝謝阿改陪我二度跨年(`・ω・´)
結果還是選了淡水,因為那邊的溫度很舒服,人又不多嘛,凝視煙火的同時不知不覺就過十二點了,也謝謝你的麵包,不斷收到手工的食物,真的,超高興的。而且很好吃。
又走了好多路,做好多沒意義的事,每次出門總在大台北地區來回奔波,感覺真不錯。雖然會抱怨很多事情,但我是喜歡台北的。可能有部分是不喜歡不行。
一直以來你實在包容我很多任性,甚至在去年的最後一天也是,雖然寫在這裡也看不到不過真的非常謝謝你。今年(從我小二開始第幾年了呢)也請多多指教!好想實況恐怖遊戲!(還在講)

2
UL
喜歡王子因他看來一臉中二,可他對我好到現在連嗆他都不忍說ry
倒是狗真可愛好想欺負他喔。(幹)

3
film/'s/year
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新記事

× CLOSE

Copyright © 夏間星丘 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]