忍者ブログ

夏間星丘

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平安夜


空中ブランコ
詞/ 有村竜太朗 曲/ 長谷川正

この手をつかんで 怖くないから
何処までもずっと君を連れてくよ
ちいさな傷跡 裂けて笑うけど
君が愛しくて何も感じない

夢のテント 映る影が重なる
ちゃんと僕が受けとめてあげるから

ゆらゆら 揺れながら
僕らはただ求めてく
伸ばしている腕の向こうに君がいて
離れて 近づいて 僕らはただ繰り返す
繋いでいた腕を放したら闇の中、
堕ちて――――――。

こぼれてくるのは 記憶の滴
涙目 鈍色 悲しい見せもの
耳をふさいでも響く笑い声
世界が終わるまで愛をあげるよ

ふぞろいでも 翼を手に入れたら
きっと僕ら上手に飛べるから

ゆらゆら 揺れながら
僕らはただ喘いでて
伸ばした手の先で君がほら笑ってて
傷つけ 舐めあって 涙がまたこぼれたら
絡めていた指がほどけてゆっくりと、
堕ちて――――――。

ゆらゆら 揺れながら
僕らはただ求めてく
伸ばしている腕の向こうに君がいて
離れて 近づいて 僕らはただ繰り返す
繋いでいた腕を放したら闇の中
ゆらゆら 揺れながら
僕らはただ喘いでて
伸ばした手の先で君がほら笑ってて
傷つけ 舐めあって 涙がまたこぼれたら
絡めていた指がほどけてゆっくりと、
堕ちて――――――。



最近接觸多一點喀哩後,才知道原來Plastic tree和ムック也曾經是密室系?更驚訝的是這三團早就存在資料夾裡XD。校慶太早放風的半天,調適在秀仁美聲中打滾的心情後,就開始泡在水管找太朗的聲音。對於太朗的記憶總是停在四年前相遇的「ウツセミ」,直到現在也還沒仔細分辨過詞曲細節,只是單純聽著歌聲。現在知道這張專輯的美編是青,真是不可思議的感覺啊。也許等自己將目前對cali≠gari濃密過頭的情意(?)真正安定在一個穩定又難以動搖的位置上並且好好冷靜(?)後,就會嘗試深究他們的世界吧。相較秀仁的世界、青的世界,太朗所創造的世界又是種完全不同的氣氛。看到有人說,青與太朗的世界都相當寂寞,同時卻也迥異。目前而言,太朗的歌聲給我......空靈的感覺。(爆)明明籠罩著寂寞,感受到被世界懷抱,實際上仍是孤單的呀。起初沒被擊中是因為瞄過詞,覺得胃口不合,寫的詞唱的歌,總像在和誰傾訴,雖然好聽,卻覺得哪裡不對勁。可是後來越聽越奇怪,似乎那個細語傾訴的對象,就是自己。回響世界的,一直都只有一個人。(不過終究只是自己想尋求的那個被扭曲的自作多情的解釋嘛。)可是這樣子執著地認為以後,突然就陷在太朗的世界裡了。大概,是自己覺得,那個第一印象(悲傷卻也算幸福的意象 / 當成情歌的樣子?)反而帶給我一種......很濃厚的寂寞。如果以自己的意思而言,雖然好像更寂寞了,可是至少不是只有一個人寂寞(啊好自私)。青曾說過他喜歡太朗的詞,自稱有愛的恐懼症的人喜歡的如果是(我那樣)(單純的)第一印象的投射,那不是太奇怪了嗎,所以就讓我自私一點把景色停在我所自以為的視野上吧。
沒分段只是因為感想太自我中心啦,被看清楚太羞恥了。(艸)
對其他團員只有印象而已,真的只有印象,名字知道的程度吧,大概,還有像是ツンデレ明。(翻repo常看到所以ry)
ムック的話有點猶豫(´д`),近年來好像轉型電音,似乎很大轉變,總之會先試試新曲風吧。舊曲曾經聽過的幾乎是我的菜,miya真的好神(艸)!而且意外也喜歡達瑯的聲音。如果說從剛開始追,最後才發現沒辦法接受轉型的話,ㄐㄅ的我可能會顯得......有點難過......。(爆)
另外今天的收穫還有一團,「THE NOVEMBERS」,主唱小林祐介,最深刻的是那能夠平淡地穿透人心,淺淺浮沉的絕望感。(但也有爆發time)至於樂手方面就完全就不熟了TvT,可是氣氛的營造非常喜歡!另外,小林還和Radwimps的野田是熟識?(日記曾寫到一起去喝酒。這感覺真不違和,太不違和了天啊www)




アマレット
詞曲/ 小林祐介

愛しているさコスモスと
崩れ落ちたあなたの残骸も
いつか忘れてしまうって知らない?
1985年この世の際で罪を選んでる
そして砕けてしまうんだ
僕もこの世界と

もう最後の船が二人と
花を抱いて岸を離れた

愛しているさコスモスと
腐りきった僕らのこの船を
そして忘れてしまうって知らない?
気が触れた白い二階の窓から僕を迎えに来てくれた
そして砕けてしまった
僕もこの世界と

あの日の産声や罵声と
花嫁の白いドレスは

愛した言葉食べられたい
海に帰りたい
子宮に帰りたいの

それだけ
それを僕に返して

愛した言葉食べられない
海に帰りたい
子宮に帰りたい
愛したあなた食べられた
ただそれだけで
それだけでも

それを僕に返して



總而言之就這樣慢慢地聽吧///
每次都會突然有段時間,為了聽團到處找資料,看repo,加上沉澱感想,結果一個下午一個晚上就沒了。這方面有點太執著每次最後都會聽到很累......耳朵雖然幸福,但是充斥太多雜亂零碎的資訊了,接著就會有好幾個小時不想放音樂。(掩面)

(雖然這樣說還是打開喀哩的誘蛾燈)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新記事

× CLOSE

Copyright © 夏間星丘 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]